便利な「アタリ」

  • RSS

皆さんは印鑑についてる「アタリ」についてご存知ですか?
アタリというのは、印鑑を押すときに上手く方向が定まるように印鑑の側面につけられた目印です。

【シャチハタ ハンコヤドットコムYahooショッピング店】
当店で取り扱っているシャチハタは多彩です。ネーム6(別注品)シャチハタネーム6(既製品)シャチハタブラック8(既製品)など。

銀行印などを捺印するとき、名前がさかさまになって押してしまたことや、曲がってしまったり、あまり上手に押すことができないなどと言ったことを、誰もが経験したことがあるのではないでしょうか?

そういったミスをなくすためにあると便利なのが「アタリ」です。
これがあると、たとえ急いでいても印鑑の方向を間違えることもなくなり、捺印ミスなどもなくなりますのでとても便利です。
現在の印鑑には大抵のものにアタリがついてることが多く、これから印鑑を買う人などは一度確かめてみてもよいかもしれません。

アタリには、印鑑の側面がへこんでいるものや逆に突起がついてるものがあります。
どちらも区別する分には支障はありあませんので、購入する時に希望があれば申し出をしてみても良いでしょう。

最近の印鑑には大抵付いていると言いましたが、高級な印鑑などにはこうしたアタリがついていないものもあり、アタリが付いていないことにも意味があることがあります。
銀行印として利用する分にはアタリは付いていた方が便利ですので、特に理由がなければつけてもらいましょう。

最近ではアタリの有無を聞かれることもあまりなく、問答無用でアタリがつけられているものの方が多いですからそこまで気にすることはないかもしれません。
ですが、やはりないと不便ですので、一応購入前に確認するとよいでしょう。

このページの先頭へ